• Twitter Social Icon

舞台は地元福島、そしてそのままの役柄、これだけ自然体に近い映画を自分の曲タイトルで作っていただけるとは思ってもみませんでした。監督、作品作りに携わってくださった皆さん、本当にどうもありがとうございました。

福島といえば、という大きなイメージがいつしか生まれてしまったけれど
この作品は、そこにある家の数だけ 人の数だけ 何通りもあるうちのひとつの物語です。
諦めるにはまだまだ早すぎるくらいに 未来のある十代、高校生。
夢を見て そこへがむしゃらに走っていける そんな未来を 大人は奪ってはいけない。

悔しさは飲み込んで
それでも上を向く君は 誰よりも美しい人になれる
それが最高の仕打ち 最高の仕打ちをしよう

"最高の仕打ち"という曲は、悔しい気持ちに負けそうになっても 何かを憎んでしまいそうになっても 自分を偽らずに正直に生きることを歌っています。
生まれた場所、今生きている場所、その人の歴史、性別、何も関係ない。
ただひたすらに生きる人は美しい、そう思える映画です。


片平里菜

​あらすじ

将来有望な陸上選手だったが、ケガで夢を諦めたあゆみ(ami)。担任の今日子(富山えり子)はそんなあゆみに働きかけるも、あゆみは心を閉ざしたままである。

どうにかあゆみを励ましたい今日子は、ふとしたきっかけであゆみが同じ福島市出身のシンガーソングライター片平里菜のファンだと知り、卒業式にサプライズで片平を呼ぼうと画策する……。

出演には福島市出身のシンガーソングライター片平里菜が本人役として映画初主演。今日子役には同じく福島市出身で舞台やドラマで個性的な役を数多く演じている富山えり子。あゆみ役には女子中高生ボーカル・ダンスグループ、J☆Dee’Z(ジェイディーズ)のami。

監督は「forgive」「夜があけたら」など、交錯する人間模様を力強く描くことを得意とする福島市出身の川村清人。

撮影はオール福島市ロケで敢行され、その豊かな自然や土湯温泉、縄文遺跡、大わらじなどが用いられ、「心の復興」をテーマに震災後の福島に生きる人々の姿が力強く描かれている。

挫折した生徒と希望を探す教師の物語を、片平里菜の繊細で力強い歌声が救済へと導く、福島発の青春映画が誕生した。

片平里菜役・片平里菜

福島県福島市出身 24歳シンガーソングライター。「閃光ライオット2011」にて1万組の中から審査員特別賞を受賞。2013年「夏の夜」でメジャーデビュー。翌年リリース「女の子は泣かない」はYouTube 500万再生回数を超える大ヒット。2015年にはサントリーチューハイ「ほろよい」CM出演。CM曲の歌唱・演奏も。史上最年少での東京スカパラダイスオーケストラのゲストボーカルにも抜擢。2016年2月には2ndアルバム「最高の仕打ち」をリリース。オリコンウィークリーチャート初のTOP10入り。2016年4月TBS系アニメ「迷家-マヨイガ-」書き下ろしED曲「結露」をリリース。2017年3月には初の東阪ホールツアーも決定している。日本人女性初のギターブランド エピフォンの公認アーティストとして認定され、福島・東北から全国へさらなる活躍が期待される若手女性アーティストである。

CAST

 

菅野今日子役・富山えり子

福島県生まれ。2010年に劇団鹿殺しの舞台公演『電車は血で走る』で「楽隊」メンバーとして初舞台を踏む。以後舞台を中心に活動。

昨年ではTBSドラマ「ごめんね青春!」初レギュラー(2014)や「るつぼ」(2016/シアターコクーン、演出:ジョナサン・マンビィ)に出演。NTV「スーパーサラリーマン左江内氏」(2017)など。最近は舞台だけではなく映画、テレビドラマなど活動の幅を広げている。

緒方あゆみ役・ami

2001年 兵庫県生まれ。全員が2000年代生まれの女子中高生ボーカル&ダンスグループ「J☆Dee’Z」所属。 2014年にメジャーデビューを果たし、2016年2月22日に5枚目となるシングルの発売が決定。 「最高の仕打ち」(監督 川村清人)で初めての演技に挑戦し、「ハーベスト」(監督 川村清人)では初主演となる。富山県氷見市での映画祭では、最優秀主演女優賞を受賞した。

板倉先生役・板倉俊之(インパルス)

1978年埼玉県生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ「インパルス」のボケ担当。お笑いだけではなく、俳優業や、作家業も精力的に行っている。09年のデビュー作「トリガー」を皮切りに、「蟻地獄」、「機動戦士ガンダムブレイジングシャドウ」を執筆している。「トリガー」はコミック化も行われ文筆家として高い評価を得ている。

倉田先生役・倉田あみ

1978年 岡山県生まれ。宝塚歌劇団に1999年4月入団。星組「銀河亜未」として活躍。2008年退団後は、女優として、多方面で活躍。2012年主演映画「いなべ」(深田晃司監督)で「氷見国際絆映画祭」最優秀主演女優賞を受賞。2015年は舞台、映画への出演のほかに京都国際映画祭2016では「チャップリン映画」のナビゲーターも務めるなど、多方面で活躍している。

片平里菜マネージャー役・ヒッキー北風

1976年千葉県生まれ。2004年8月から吉本興業所属となり活動を始める。自衛官の経歴を持つ異色のピン芸人。スキ?キライ?×2 キライじゃないけど×3 ○○的にムリ」のブリーフ芸では一部お笑いマニアで人気を博した。

2015年4月より福島県住みます芸人となり福島県へ移住。同年4月よりテレビユー福島「げっきんチェック」(毎週月曜~金曜9:55~10:55生放送)の司会として出演中。

ぺんぎんナッツ(いなのこうすけ・中村陽介)

いなのこうすけボケ担当、1979年福岡県生まれ。中村陽介ツッコミ担当、1982年千葉県生まれ。東京NSC校7期生 で、2006年1月21日にコンビを結成。2011年4月 吉本興業100周年事業「あなたの街に住みますプロジェクト」福島県住みます芸人として福島県郡山市に移住。福島を拠点に地元イベント・地元メディアで幅広く活躍中。“笑い”による地域活性と情報発信で福島の復興を後押しする。

監督プロフィール

川村清人

1981年福島市出身。2010年『forgive』を監督。

2013年MOOSIC LAB にて『GREAT ROMANCE』が審査員特別賞を受賞。

2014年DLEの人気フラッシュアニメとコラボレートした『Go!Go!家電男子 THE MOVIE』がユナイテッドシネマ豊洲ほか全国5館にて公開。2015年『夜があけたら』(主演:武田梨奈)でゆうばり国際ファンタスティック映画祭招待。最新作は本作「最高の仕打ち」で第8回沖縄国際映画祭ひかりTV応援賞受賞をきっかけに製作された、おかずクラブ出演のミュージカル映画「ハーベスト!」。

片平里菜 富山えり子 ami(J☆Dee'Z)

板倉俊之(インパルス) 倉田あみ ヒッキー北風 中村陽介(ぺんぎんナッツ) いなのこうすけ(ぺんぎんナッツ)

 

監督・脚本・編集:川村清人

地域団体・協賛:福島市 福島商工会議所 福島商工会議所青年部 (株)テレビユー福島

製作:戸田義人 エグゼクティブプロデューサー:水本 章

プロデューサー:坂本直彦 藤間寿朗 深谷茂美 金吉唯彦 森平 晶

撮影:村橋佳伸 照明:太田 博 録音・整音:根本飛鳥 衣装:岡村春輝 町野泉美(片平里菜)

ヘアメイク:田﨑ちひろ 奈津(片平里菜) 音楽:中村 遼  音響効果:大塚智子 スタジオエンジニア:越智美香

助監督:石井千晴 制作担当:三村 薫

主題歌「最高の仕打ち」片平里菜(ポニーキャニオン) 

制作 KATSU-do テレビユー福島 制作協力 ソニー・ミュージックアーティスツ

2016/カラー/36min/16:9

©2016「最高の仕打ち」制作委員会